onionができるまで

フェイスブックにて、「onionができるまで」を勝手に連載させていただきました。
ご興味のある方は読んでみて下さいね。

IMG_6946

「onionができるまで❶」

私が小さい頃から、着る服は全て母の手作りでした。
だんだんと自分の意思がはっきりとしてきた頃
自分の考えた着たい服を絵に描いて母に渡し、
布を選ぶと…何日か後には洋服へと完成していました。

それは、まるで魔法を使ったかのように…

この時から着たいイメージが形になる楽しさを覚えたのかもしれません。

onionができるまで❷」

自分で服が作ってみたくなり、母に教えてもらいながら
作って完成した洋服は、イメージとは全然違ったものでした。

「イメージ通りの服が作りたい。」

服飾への進学を決めたのはこの頃だったと思います。

未来の自分の仕事の道の先はキラキラと輝いて見えました。

今、手芸や裁縫が好きな子供達の目指す道がキラキラと
輝いて見えますように…。

私たちの挑戦は続いています。

onionができるまで❸

夢を諦めて自分の
「本当に好きな事」
を見つけた私は、その後色々なジャンルのお洋服屋さんでスキルアップを目的に様々な会社にお世話になりました。

その数年間で見つけた答えは
「本当やりたい事は、自分でやらないと出来ない」
という事でした…。

その間に結婚と出産

そんな時に主人と主人の親友が遊び半分?(笑)で始めた古着屋さんを手伝う事に…。
その途中で2人目の娘を妊娠、出産。

主人が住宅のお仕事に戻る時に、その古着屋さんを私が続ける事になります。
今、思えばこれがonionをスタートするキッカケとなりました。
そして、今のスタッフ2人とも、この頃の出会い。

人生って何が起こるか本当にわからない…

何が正解ってないなぁ…。

夢が変わっていけば、いつまでも夢は追い続けられる…そう感じた頃でした。
(子育てと仕事で大変だったけど)

onionができるまで ❹」

遊び半分?で主人と主人の友人が始めた古着屋さんを手伝う日々。(約7年前の事です)
主人が住宅の仕事にもどり…
この時娘は1歳と2ヶ月。

1歳の娘と3歳の息子の子育てをしながら
お店の営業を引き継ぐ事になった私ですが、
古着には詳しくないので
自分らしさを出そうとお店にサンプルの簡単なギャザースカートを作り布と一緒に並べてみます。

こんな簡単なスカートを頼む人なんか居る訳ない……と思いながら。

ある日ふらっと入って来たお客様の言葉

「縫い物が出来ない私達にとって、自分で好きな布が 選べて作ってもらえるなんて、こんな嬉しい事はないです。」と…

作れない人にとっては
選んだ物が形になるってそんなに嬉しい事なんだと
びっくりして、喜んでもらえるならば…と今のonionの
「プチオーダー」のお店をオープンする事を決めたのです。

onionの誕生です。

あれから、9月で7年。現在もその当時の気持ちを忘れずに「自分達の欲しいもの」を
ゆるりと作っていきたいと思います。